帽子は発毛を妨げてしまう?

帽子を被っていると発毛の妨げになるから薄毛になってしまう、という話を耳にした方は多いはずですよね。
確かに、帽子を被っていると蒸れてしまって髪の毛にはよくない印象です。
しかし、帽子はずっと被っているわけではありませんしシャンプーをして頭皮を清潔な状態に保っていれば発毛を妨げてしまうということはありません。
頭皮が蒸れている状態が続くのは薄毛の原因になってしまいますが、発毛を妨げてしまうほど帽子を長く被っている人はいませんよね。
普通に使う程度には問題ありませんので、日差しが強い日などは太陽の光から頭皮を守ってあげましょう。
夏の紫外線は頭皮にダメージを与えてしまいます。
薄毛が心配だから帽子を被りたくない、と頭皮をさらしたままにしてしまっては逆効果です。
冬は寒くなりますと、頭皮の血行が滞りがちになってしまいます。
血行不良は薄毛の原因にも繋がりますのでマフラーや手袋で体を温めるように、頭皮も防寒対策をすることが重要です。
髪の毛が蒸れてしまうと薄毛の原因になってしまうから、と被るものを避けている方も居るかもしれませんが、上手く使うと薄毛の救世主になります。
間違った使い方は危険ですが、薄毛対策に使ってみませんか。