未分類」カテゴリーアーカイブ

気になる薄毛!遺伝するの?

みなさんのなかには、髪の毛のトラブルに悩む人も多いのではないでしょうか。
大変デリケートな問題のため、親しい関係にあっても話題にしにくいものです。
しかし、髪の毛は目立ちやすいだけに、トラブルがあると何とかしたくなりますよね。

髪の毛のトラブルとして、「薄毛」は代表的存在です。
薄毛が進んでいく様子や薄くなり始める年齢にも個人差があります。
髪の毛が薄くなる原因も人それぞれ。
また、ひとつだけでなく、複数の原因が絡んでいることも考えられます。
そのなかで、「遺伝」を見逃すことはできません。

この「遺伝」に関しては、いろいろな表現がみられます。
「遺伝する」といった表現のほか、「遺伝が関係することが多い」といった柔らかい表現も少なくありません。
しかし、いずれにしても「遺伝説」は否定できないのではないでしょうか。

薄毛で悩む人は、女性よりも男性のほうが多い傾向があります。
M字型やO字型など「AGA」(男性型脱毛症)はよく知られていますね。
一方、女性のほうは全体的に薄くなる人が多いようです。

父親が薄毛の場合、その息子も同じようになりやすいようです。
また、母方の祖父の影響を受けやすい点でも注目されています。
いわゆる「隔世遺伝」の存在です。
そのため、父親に薄毛がみられなくても、息子は薄毛になるケースもあるのです。

もちろん、薄毛になる原因として、日頃の生活習慣が関係することは見逃せません。
また、同じ屋根の下で暮らしていると、家族の生活習慣全般が似てくることも知っておきたいですね。

そのひとつに、食事があります。
いっしょに食卓を囲むため、食事メニューが同じことが多くなります。
毎日の食事は、お腹を満たすだけのものではありません。
栄養バランスを意識した食事を心掛けることが大事だと知っておきましょう。
また、髪の毛を健康な状態に保つためには、タンパク質をはじめ、ビタミンや亜鉛などの多い食事を意識することがポイントです。

髪の毛のケアもきちんとしたいものです。
シャンプーのときはすすぎをしっかり行う必要がありますが、雑に済ませる人も少なくないでしょう。
そういう傾向は、いっしょに生活すると似てくる場合もあるのです。
このような理由から、薄毛は遺伝すると思われるのかもしれませんね。

なお、薄毛の気になる場合は、遺伝子検査を受ける方法もあります。
医療機関で受ける方法と、遺伝子検査キットを使って行う方法から選ぶとよいでしょう。

しかし、薄毛になる遺伝子を持っていても、規則正しい生活を心掛けることによって薄毛を防ぐことは可能です。
特に、若いうちから意識して生活していると薄毛になりにくいかもしれません。
ちなみに、遺伝が原因のAGAは約25%との説もあります。
薄毛の気になるみなさんは、AGA治療だけでなく、生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。

agaの治療費は医療費控除を受けられる?

agaの治療には健康保険が適応されないため自由診療となり、診察料や検査代だけでなく、治療薬の購入も全額自己負担となります。
診察料ならば毎月2~3回程度の通院で済むので、費用もそこまで高くなりませんが、治療薬は基本的に毎日飲むものなので、いくら安くても通年で使用すればかなりの費用となってしまいます。
少しでも使用した治療費を活用するために、医療費控除なら申告できるのではと考える人も少なくないはずです。
医療費控除は医者が治療を行う上で必要と考えられた費用に対して適応され、治療薬の購入代金や入院費用、公共交通機関を使用した交通費なども含まれており、年間で10万円以上の支出があった場合に限り、超えた金額をその年度の所得から差し引くことができるようになります。
しかし、医者の治療であれば何でも控除できるわけではなく、健康診断や美容整形のための費用に対しては該当しない場合もあります。
agaの治療も美容整形に当たるため、基本的には医療費控除が受けられないのですが、他の病気から起こる症状や精神的な影響によって毛髪が抜け落ちたためaga治療を受けることになったという場合は、間違いなく健康面の治療目的ととられることから控除が可能になることもあります。
この辺の裁量は税務署によって違うので、確定申告をする際に税理士や最寄りの税務署に確認してみると良いでしょう。

家族に育毛グッズをプレゼントする人が増えています

父の日などの行事のほか、ちょっとした感謝の気持ちを表したい時にも、家族に対してプレゼントを贈るのは有効な方法です。言葉だけで感謝するのではなく、目に見える物という形にすることで、気持ちをより正確に表せるためです。
家族へのプレゼントといえば、貴金属や時計であったり、文房具やグルメなどが一般的でした。
ですが、髪に悩む父親に向けて、妻や娘が育毛グッズをプレゼントすることが増えています。
現代社会においては、髪の悩みは隠すものではなく、堂々と公開しつつ改善に向けて努力することが一般的です。
これは、人気タレントが頭の状態をポジティブに捉えたり、おしゃれな育毛グッズが販売されるようになったことなどが主な要因です。
たとえば、体形は個性ですから、大柄であっても好意的に受け入れられます。
ですが、ダイエットも努力の一環として前向きに解釈されます。
育毛についても、同様の考え方が定着しています。
家族に育毛グッズをプレゼントすれば、今のままでも十分に魅力的だけれど、もっと素敵になってほしいというメッセージを込めることができます。
サプリメントやシャンプーのように、気軽にプレゼントにすることができる育毛グッズも存在しますから、何気ない贈り物と
して最適です。

育毛のために考え直す朝食

育毛をするためにはバランスの良い栄養が欠かせませんから、三食の食事も毎日食べている人も多いのではないでしょうか。
最近は朝食は抜いた方がいい、それともやはり食べた方がいいのか、いろんな意見が交わされているのでとても悩んでしまいます。
朝は忙しくてコーヒーを飲むだけで精一杯という人も少なくありませんが、髪の毛を増やしたいなら朝食ももう一度見直しましょう。
朝は排泄の時間とも言われているので、これまで食べる習慣がなかった人が食べるようにするのは大変です。
育毛のことを考えるのであれば、まずはフルーツは吸収もしやすく排泄を妨げないのでおすすめです。
たんぱく質やミネラルも豊富なので、バナナ一本でも食べるようにすれば段々と自分の体が変化していきます。
慣れてきたなら、昔ながらの日本の朝食で豆腐や味噌汁、豆乳などを使うといいでしょう。
大豆製品はイソフラボンが含まれているので、育毛をするためには欠かせない食材です。
朝からたくさん食べるのは難しいなら、味噌汁を飲んだりするだけでも体も温まって目も覚めますから、仕事や勉強にも良い影響を与えます。
フルーツやご飯など、自分の食べやすいものを選んで育毛しやすい体を作りましょう。

aga治療は長期的に行うことを前提として取り組むこと

aga治療は、いつまで継続的に治療を進めていくのが基本なのでしょうか。
aga治療というのは、薄毛の症状を改善するための治療のことを意味しますがこの治療は短期的に行ったとしてもあまり意味が無い治療なのでいつまで続けるのかが重要になります。
そもそも、aga治療によって生じる頭皮の状態の変化は数ヶ月単位でしか現れません。
agaは男性型脱毛症という症状で男性ホルモンが男性ホルモン受容体という部分と反応することによって脱毛作用を引き起こします。
そして、この症状は一度発症するといつまでも同じような症状に悩まされることになります。
この治療法を効率的に行うためには、人間が本来持っている髪の毛の成長サイクルを男性ホルモンによって狂わせる前の状態に戻さなくてはいけません。
人間の髪の毛の成長サイクルは数ヶ月単位で周回していますので、短期的に治療をしても思っているような効果を期待することができないわけです。
実際に、治療を進めていく時には必ず治療のカリキュラムを決めてそのプランどおりに進めていくことになりますので、男性ホルモンを抑制するための薬を継続的に飲み続けなくてはいけません。
だいたい、1年程度すれば期待通りの効果を体感できるのでそれまでは継続的に治療を行いましょう。

帽子は発毛を妨げてしまう?

帽子を被っていると発毛の妨げになるから薄毛になってしまう、という話を耳にした方は多いはずですよね。
確かに、帽子を被っていると蒸れてしまって髪の毛にはよくない印象です。
しかし、帽子はずっと被っているわけではありませんしシャンプーをして頭皮を清潔な状態に保っていれば発毛を妨げてしまうということはありません。
頭皮が蒸れている状態が続くのは薄毛の原因になってしまいますが、発毛を妨げてしまうほど帽子を長く被っている人はいませんよね。
普通に使う程度には問題ありませんので、日差しが強い日などは太陽の光から頭皮を守ってあげましょう。
夏の紫外線は頭皮にダメージを与えてしまいます。
薄毛が心配だから帽子を被りたくない、と頭皮をさらしたままにしてしまっては逆効果です。
冬は寒くなりますと、頭皮の血行が滞りがちになってしまいます。
血行不良は薄毛の原因にも繋がりますのでマフラーや手袋で体を温めるように、頭皮も防寒対策をすることが重要です。
髪の毛が蒸れてしまうと薄毛の原因になってしまうから、と被るものを避けている方も居るかもしれませんが、上手く使うと薄毛の救世主になります。
間違った使い方は危険ですが、薄毛対策に使ってみませんか。

若者ならagaの寄与は懸念材料

若者であるのにもかかわらず髪の毛が後退し始めてしまったり、頭頂部の髪の毛がなくなってきてしまっている人も増えてきている傾向があります。
こういったときに考えなければならないのがagaであり、男性ばかりではなく女性の場合にも同じ原因で脱毛が進行してしまう場合もあるということがわかってきています。
若者の場合には基本的には新陳代謝が良いため、ヘアサイクルを正常に動かそうとする力は働いているのが一般的です。
そのため、他に何らかの要因があるということを疑うのが当然であり、その筆頭にあがる懸念材料がagaとなっています。
agaの場合には男性ホルモンが優位になってしまっていることが根本原因となっていることが多く、ホルモンバランスを整えるようにしていくということで改善できる場合も多々あります。
遺伝的な要因でなってしまっている場合には治療を行う必要性が高く、発毛を抑制してしまう男性ホルモン由来の成分が作られないようにする薬を服用することによって改善を見込むことができるでしょう。
若者でありながら脱毛が進行してしまうのは本人にとっても苦痛であることが多いことから、思い切ってクリニックに行って治療を受けることは大切です。

発毛の効果が高い飲み物について

発毛に興味があるならば、飲み物の選び方を工夫しましょう。
発毛に効果的な食材を使った飲み物ならば、薄毛を防ぐことができます。
まずは、発毛に有効な食材をチェックすべきです。
ビタミンCが豊富なミカンやグレープフルーツなどの柑橘類は、みずみずしい頭皮の維持に不可欠ですから、積極的に食べることをおすすめします。
飲み物として摂取するときは、ミキサーを使ってジュースやスムージーにする方法が最適です。
加熱しませんから、ビタミンCの損失がほとんどありませんので、発毛の効果がよりいっそう高まります。
また、柑橘類は一年を通して、さまざまな種類を楽しめるというメリットがあります。
夏はレモン、冬は柚子など、あらゆる柑橘類を試してみましょう。
また、イソフラボンが豊富な豆乳も発毛に有効な飲み物です。
イソフラボンは毛髪の健やかな成長を促します。
日常的に豆乳を飲むことによって、増毛を実現することが可能です。
けれど、中には、豆乳を飲みにくいと感じる場合もあります。
そのような時は、手を加えることによって、とてもおいしい飲み物になります。
コーヒーや紅茶に豆乳を加えれば、まろやかな味に変わります。
温めた豆乳にすりゴマや黄な粉を入れたなら、おいしい上に栄養価が高くなります。

女性に多い発毛の悩みとは

抜け毛に悩む女性は多く、年代を問わずに10代から気にしている方は多くいます。
カラーリングや偏った食事などの生活習慣も関係している場合が多いのです。
女性の場合は、おしゃれをするためにカラーリングを定期的に行う方が多く、美容室で悩みを相談される方が多いのです。
発毛をしたいと願う方には頭皮にマッサージを日々行うことも効果的です。
スカルプケアをすることで、頭皮から健康になり健康な毛を発毛させることができます。
また、睡眠時間が不規則になったり、生活リズムが崩れることで抜け毛が増えることもあります。
また、女性の場合は女性ホルモンが関係している場合が多いのです。
出産後などのホルモンバランスが崩れてやすい時期には抜け毛を実感する方が多いのです。
また、生理不順に悩む方も抜け毛が気になっている場合が多いのです。
女性ホルモンが少ない状態になると、発毛がうまくできなくなり、結果髪の毛の量が少なく感じるのです。
この場合は婦人科を受診してホルモンバランスを整えることが健康になる近道になるでしょう。
日々のケアでは、洗髪時にしっかりとシャンプーなどを洗い流すことも重要です。
残っているとかゆみの原因になりやすいのです。

50代から始めるaga治療

aga治療は、ここ数年の間に急成長を遂げている医療ジャンルでありますが、実際に治療を受けるにあたって何歳くらいが限界なのかを知りたいという方もいると思います。
今話題となっているaga治療は、ホルモンバランスを調整して薄毛の悩みを解決するという方法でありますので、基本的に何歳から始めても効果があるとされており、50代以上の方であっても効果を期待することが可能になっております。
しかし、aga治療の場合であっても毛根が完全に失われてしまった状態からの回復は可能性が低いとされておりますので、50代の方の中でも髪の毛がある程度残っている状態から始めるのが最も効率的であると考えられます。
これまでの薄毛対策では50代くらいになってしまうと諦めてしまう以外方法がなかったということもありましたが、今ではaga治療によって薄毛の進行を遅らせることが出来たり、毛根の活力が戻ってくれば新しい毛髪が生えてくると言うことも期待することが出来ますので、今薄毛で悩まれているという方も積極的に治療に参加してみるのもいい方法であると考えられます。
頭髪は見た目の印象に大きくかかわってきますので、気になるという方は一度クリニックで相談してみるのもおすすめです。